Icon cart f3496114acf7419cbc76b333ade0c209f85bb0e0a5fc88896a04b71498407460
白無垢アレンジ

色小物で白無垢をもっとすてきに♪おしゃれコーディネート15選

色小物で白無垢をもっとすてきに♪おしゃれコーディネート15選
白無垢の柄が決まったら、後はヘアスタイルやメイクの打ち合わせをして、お式当日を待つのみ……!
いいえ!ちょっと待って!実はこの白無垢、「色小物」を使うともっともっとかわいくアレンジできるのをご存知ですか?
「白無垢には真っ白な小物しか使えない」
「伝統的な白無垢スタイルは小物も白色!」
白無垢の色小物の存在を知らなければ、きっとそのように思うでしょう。ですが時代は変わり、白無垢の着方も多種多様になってきました。
白無垢の伝統は壊さず、むしろ少しだけ花嫁さまらしい色を「小物」でたすことで、白無垢の魅力をもっと引き出すことができます。思い出に残る最良の日のために、花嫁さまのお気に入りの“色”を小物でたしてみるのはいかがでしょうか♪
ここでは、時代とともに変化している白無垢スタイルの中でも、特に注目されている半襟や筥迫などの小物を中心にご紹介します。
   

1. 白無垢を着るときに身につける小物って?

まず、白無垢を着るときに身につける一般的な「小物」についてご説明します。
身につけるものによっては、大切な意味が込められているものもあるので、白無垢ばかりに目が行きがちですが、知っていると着るのがもっと楽しくなりますよ♪

打掛と一緒に身につける小物8点

1. 抱え帯

帯の左後ろ下に結ぶ細帯のこと。帯結びを引き立て、後ろ姿のポイントになります。

2. 帯締め

結んだ帯を固定させる紐のこと。花嫁さま用の帯締めは中に綿をつめた「丸ぐけ」と言います。

3. 半衿(はんえり)

襦袢 (じゅばん) などの襟の上に装飾を兼ねて縫いつけた襟のこと。削 (そぎ) 襟とも呼ばれます。

4. 筥迫(はこせこ)

江戸時代には、化粧道具や懐紙を入れて使用した、今でいう“化粧ポーチ”のようなものですね。

5. 懐剣(かいけん)

護身用の短剣のこと。現在は、花嫁さまを様々な災いから守り、無病息災を祈るものとされています。しまう場所は帯の所で、完全に隠れるようにはしまわず、正面から少し見えるようにします。

6. 末広(すえひろ)

扇子(せんす)のこと。先に行くほど末広がりに広がる形から、「末広」と呼ばれています。この扇子には、「永遠に幸せであるように」という願いが込められています。

7. 帯揚げ

和装小物のひとつ。着物を着るときに、結ぶ帯の形を補助する小物の一つで、これを包む帯状のもののことです。

8. 伊達衿(だてえり)

着物を2枚重ねに見せるため、襟の下に付ける別衿のこと。お顔の一番近い位置にあります。
 

2. 選ぶのに迷っちゃう!色とりどりの小物セット

ピンク系

【桃色織青海波】

【桃】

【桜】

【紅梅】

ピンク色の小物は、鳳凰文や鶴文のような古典的で力強さを感じる柄の白無垢にも合い、やわらかで優しい印象を与えてくれます。白無垢屋のピンク色の小物は全部で4種類。特に半襟の細かな刺繍や、淡い色味が上品で、花嫁さまのお肌をきれいに見せてくれますよ♪(こちらは別の半衿であればお貸し出し可能です。)
 

ナチュラルカラー系 

【若芽色織亀甲紋】

【薄抹茶色金刺繍】

【若芽】

 
小物の名前がぴったりな若芽色、薄抹茶色の小物です。ナチュラルテイストやアースカラーがお好きな花嫁さまには特に気に入っていただけると思います。淡いグリーンの小物は屋外での撮影にも映えますし、お式が春や夏の時期などであれば、季節感も出すことができます。
 

柑橘色系

【金糸雀】

【柿】

 
元気の出る、健康的なお色味の小物です。「白無垢に黄色やオレンジなんて派手になってしまうのでは…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそのような印象にはなりません。というのも、原色ではなく、少し色をおさえ、やわらかいテイストにしているので、白無垢の柄や色味を邪魔することはありません。むしろ、お顔をパッと明るく見せてくれるので、場所や天候に左右されずにお写真をきれいに撮っていただけますよ!

【赤地飛翔鶴刺繍】

【鶴赤】

【紅緋】

 
古典的な鶴や鳳凰の文様によく合う赤色の小物です。小物にも鶴の刺繍がほどこされているので、白無垢の柄と合わせて選ばれる花嫁さまが多くいらっしゃいます。白無垢と小物の配色が「紅白」になるため、ご列席のご両親さまやご親戚の方々にも喜んでいただけますよ!

寒色系

【紺色花丸紋刺繍】

【白藍】

【深紫】

 
白無垢に取り入れるのはちょっと難しそう…、と思われがちな寒色系の小物。実は、花嫁さまの個性を引きだし、キリッと引き締まるお色味なのです。ロイヤルブルー地の小物は暖色も入っているので、配色よくオシャレな小物使いができますし、水色や紫色の小物は、髪飾りに白やグリーンまたは同色系のお花を飾ると、落ち着いた雰囲気を演出できます。

 

3. その他の小物もご紹介

半襟などの小物以外に、白無垢を着るときに必ず必要になってくる小物もございます。今回ご紹介する肌襦袢・裾よけ・足袋などは、直接身につけるものなので、購入することが多いです。レンタルに含まれるかどうか、事前に確認されることをお勧めします。
 

肌襦袢(はだじゅばん)と裾よけ

 
打掛の下は、長襦袢の他に肌着を着ます。この肌の上に直接着る下着のことを、「肌襦袢(はだじゅばん)」といいます。肌襦袢を着ることで、汗や皮脂から着物を守ることができます。そして、もう一つ下着として身につけるのが、「裾よけ」です。これは腰に巻きつけて使います。長襦袢の汚れを防ぎ、また歩くときの足さばきが楽になります。この肌襦袢と裾よけが一緒になった「ワンピースタイプ」も便利です。
 

草履

 
白無垢に合わせて草履の色も白色に統一するのが一般的です。お店によっては、カラーバリエーションに富んだ草履もあります。かかとは高め。背の高さも調節が可能になります。
 

足袋

 
結婚式などは白のお色味が基本です。かかとから足首にかけて、「こはぜ」と呼ばれる留め具がついています。シワが出ないようにぴったりのサイズを選ぶとよいでしょう。
 
 

4. まとめ

ピンク系やナチュラル系カラーの小物を取り入れるだけで、白無垢を着た花嫁さまの印象はグッと変わるので、色決めは重要です。またその他の肌襦袢などの小物も白無垢を着るときに必ず必要になってきます。どこまでがレンタルに含まれ、何を個人的に買う必要があるのか、再度確認しましょう。
 
色小物と白無垢の組み合わせは数え切れず、それは花嫁さまの個性が一人ひとり違うのと同じこと。このように、個性を「色」をたして表現することで、白無垢を着るのがもっと楽しくなりますよ!みなさまも是非一度、自分のお気に入りの白無垢に合う、自分好みの「色小物」を探してみてはいかがでしょうか♪  
この読み物をシェアする
  • Icon line 19cfd88503993c7c6ee43bad148697d4cad4431bd6bc21c70c87e6530dd1eb65
白無垢屋では職人の手で、丁寧に紡がれた格調高い白無垢を、低料金で日本全国にレンタル可能です。好みの一着に、花嫁さまらしい小物選びで、妥協のない、満足のいく白無垢スタイルをご提案します。
  • Cta 1 aa65fdeacfbcea898ec8003770af3b951c59d8611212e42f07e7590cacd270bb
  • Cta 2 4690d29c575a228d0c0fa111f0a8e1543a3761bccc66438ce544e52b34b6344d
白無垢を見てみる
人気の読み物
人気のコーディネート